CD・オーディオ音質向上にナノカーボンPC(接点改質剤 )を試してみた

2020年2月6日

スポンサーリンク

オーディオ等の端子の抜き差しで金属部分が削られると音質劣化や接触不良のトラブルが起きやすくなる。

これは経年劣化で避けられないと考えていたがそれを修復して音質を向上くれるのがナノカーボンPC(接点改質剤 )だ。

この商品はUSB端子の接触不良の時に色いろAmazonで調べていてたまたま見つけたものだった。

レビューを見るとヘッドフォンでかなりの音質向上が期待できるらしい!?のでちょっと試してみたくなった。

いつもはAmazonで購入するんだけど今回は楽天の最安値で送料込みで1000円で安かったのでこちらで購入した。

スポンサーリンク

目次

外観

実際に手にするとあまりに小さいのでびっくりした!
ボールペンのキャップ位の大きさかな。

このちっこいペン先みたいなのが本体?
しかも軽いし中身入ってるのか?と思った。

早速使ってみた

まずヘッドホン端子にナノカーボンPC塗ってみた。

少しで良いと書いてあったので本当に少量うっすらと塗って、さっきまで聴いていたMP3のUSBメモリをセット。

最初のサーっていうノイズが大きくなった?どうやら音量そのものが大きくなったようだ。
ただMP3はもともと音が良くないのでそれほど良くなったかはわからなかった。

次にたまたまそばにあったシーナ・イーストンのCDをセット。

「おっ?音がクリアになって良くなったかも知れないな」と感じた。

でも80年代のCDなんでやっぱり元々の音質に限界があるかもと今度は聴き慣れたデヴィッド・ボウイのアラジン・セインのリマスター盤をセットしてみる。

これならすぐに違いがわかるハズだ。

1曲目からわかった。
明らかに音質が向上している!

全体的に音量がアップしてクリアでヌケが良くなっている。

特に中音域のヌケがすばらしくミック・ロンソンのギターリフがスゴイ迫力と臨場感だ。

他にも携帯電話やゲーム機の端子に塗るとバッテリーの持ちが良くなるそうなので塗ってみた。
こちらは実感するにはまだ時間がかかりそうだ。

まとめ

このナノカーボンPCは特にオーディオに使える!

うまくいくとヘッドホンで聴くと新しいリマスターCDを聴いているような感じだった。
ただしあんまり安いヘッドホンだとわかりにくいかも。

【おすすめ関連レビュー記事】
USB端子の抜き差しで接触不良の認識エラーが出たのでクリーナーを試してみた
接点復活剤をオーディオに使ってみた USB端子の接触不良3
CD読み込みエラーでNODISCと表示されたのでCDレンズクリーナーを試してみた 

スポンサーリンク