オリビア~ベスト・オブ・オリビア・ニュートン・ジョン

2019年12月13日

スポンサーリンク

オリビア・ニュートン・ジョンがひさびさに来日するときに間に合わせた日本独自編集のベストアルバム
ジャケットの写真はいいけど選曲にはちょっと不満ありかも。

1. そよ風の誘惑 – Have You Never Been Mellow
2. ザナドゥ – Xanadu
3. フィジカル – Physical
4. 愛の告白 – I Honestly Love You
5. ジョリーン – Jolene
6. マジック – Magic
7. 愛のデュエット – You’re The One That I Want
8. サム – Sam
9. カントリー・ロード(故郷へ帰りたい) – Take Me Home Country Roads
10. イフ・ノット・フォー・ユー – If Not For You
11. 愛すれど悲し – Hopelessly Devoted To You
12. 恋の予感 – Suddenly
13. アイ・ニード・ラヴ – I Need Love
14. 思い出のサマー・ナイツ – Summer Nights
15. ハート・アタック – Heart Attack
16. ランドスライド – Landslide
17. 愛は魔術師 – A Little More Love
18. ホワット・イズ・ライフ(美しき人生) – What Is Life
19. 愛の炎 – Deeper Than The Night
20. バンクス・オブ・オハイオ – Banks Of The Ohio
21. 青空の天使 – Long Live Love
22. グリース・メガ・ミックス – The Grease Mega-Mix

日本独自盤なので当然ライナーがあって開いてみると淡い色のバックに白い色の文字、すんごい読みにくい!

なんでこんな余計な細工するんだろう?
はー読む気がうせる・・・(結局読んじゃうんだけど)

曲順は年代もバラバラで有名な曲から収録していった?って気がしないでもない。(ベストなんだから多分そう)

ベストといいながら80年代半ば以降の曲がごっそり抜けているのはどうかなーと思う。

とは言いつつ今やオリビア・ニュートン・ジョンのオリジナルアルバムのCDは日本ではほとんど廃盤になっているからこのベストは新しいファン獲得のためにも重要なアイテムのハズ!

あれ?いつの間にかこのオリビア・ニュートン・ジョンベストも廃盤になっちゃっている!

ベスト盤にプレミア価格が付くってレコード会社の怠慢以外何ものでもないと思う。(その後再発)

まあ一応オリビア・ニュートン・ジョンの有名な曲は一通り収録されているみたいだけどキャリアが長い分、サントラの曲は別のベストに収録してもう一枚出してもいいん
じゃなかったのかなーと思うほどサントラの収録曲が多い。

といいつつ個人的に特に気に入っている曲はやっぱりザナドゥサウンドトラック(Xanadu) に収録されたタイトル曲の『ザナドゥ』と『恋の予感 – Suddenly 』だったりするんだけど。

ライナーの解説によると『恋の予感』は地味な曲だけど当時のオリビア・ニュートン・ジョンの人気で売れた的なことが書いてあったけどいやいやこれは良い曲ですよ。

特に後半の大サビのハモリからサビにもどってくる展開なんて「くぅ~!!」って感じ。

日本だとデュエットっていうとどうしても歌謡曲の酒と女となんたらのイメージだけど欧米のポップスではすばらしいデュエット曲のスタンダードがいっぱいある。

その中でも『恋の予感』は特に素晴らしいデュエット曲のひとつと言えるだろう。

ライスはライブでも逓倍になっている映画、グリースの楽曲のまとめた『グリース・メガ・ミックス』でシメてくれる。

しかし、映像を観れば観るほどオリビアさんの高校生役は相当に無理があったよな~、


iTunes試聴&ダウンロード
フィジカル~ベスト・オブ・オリビア・ニュートン・ジョン
オリビア・ニュートン・ジョン

【おすすめ関連記事】

スポンサーリンク

ベスト・オブ・オリビア・ニュートン・ジョン収録曲の動画

The Grease Mega-Mix

スポンサーリンク