似ている曲-ビギン/恋しくて&松田聖子/スウィート・メモリーズ

2020年10月1日

スポンサーリンク

このBEGIN (ビギン)の代表曲、『恋しくて』の出だしのメロディを聴いた時に多くの人が自然と頭に浮かんでいるがサントリーのCMソングとして非常にインパクトのあった松田聖子の『スウィート・メモリーズ(SWEET MEMORIES)』だったのではいだろうか。

パクリ度★★★

恋しくて
(1990年)
恋しくて
スウィート・メモリーズ
(1983年)
SWEET MEMORIES

スポンサーリンク

似ているのはAメロの出だしのみ

『恋しくて』が『スウィート・メモリーズ』に似ているのはAメロの出だしの♪恋しく泣き出した~の部分のみで曲の雰囲気は似ているものの他のメロディーは似ていない。

ただ、サビがなくAメロが最も印象的なフレーズになるJ-POPにあまりないタイプの曲だったので、どうしてもパクってる?っていう印象を受けてしまう。

不思議なのはイカ天でBEGIN (ビギン)がこの『恋しくて』を披露した時に辛口で知られる審査員たちが「これって出だしがスウィート・メモリーズじゃん。ダメだよパクっちゃ!」とは1人も言わなかった事だった。

当時、BEGIN (ビギン)は素人だったし、『スウィート・メモリーズ』の方は、 サントリービールのCMソングにもなったメジャー曲だったから、このくらいの事は言われてもおかしくはないのに。

これは大手事務所のアミューズに所属してメジャーデビューが決まっていての仕込みだったのではないかと勘ぐってしまう。

それともビギンの演奏と楽曲に有無を言わせぬ説得力があったのか、それとも彼らの素朴な人柄によって「まっいっか」と思わせたのかは定かではない。

いずれにしても出だしと全体の曲の雰囲気は似ているもののそれ以外は特別極端には似ている部分は少ないようだ。

やっぱりなんとなく頭の中に『スウィート・メモリーズ(SWEET MEMORIES)』のフレーズが残っていたまま曲作りをして思わず似てしまったというのが真相なのかもしれない。

どうしても好意的に取らえてしまうのはこれもビギンの素朴そうなキャラクターゆえか!?

恋しくて&スウィート・メモリーズを聴き比べる

BEGIN / 恋しくて

サントリーCM(英語)
松田 聖子/SWEET MEMORIES

スポンサーリンク