ビョークの暴行事件まとめ

2020年11月21日

スポンサーリンク

ビョークの暴行事件まとめ

ビョークはこれまでに何度か暴行事件を起こしている。

ただその相手がいずれもレポーターやカメラマンといったマスコミと言うのが面白い気がする。

しつこく追いかけ回した被害にあった人達にはあまり同情はできない。

やめときゃいいのに、ちょっとからかい半分でサル山のサルにちょっかい出そうとしたら噛まれたたみたいなもんじゃないだろうか。

スポンサーリンク

目次

タイのドンムアン空港で女性レポーターに暴行

1996年2月20日、タイのバンコク、ドンムアン空港(Don Mueang)で、テレビカメラが関係のない息子シンドリを撮影したことに激怒して女性レポーターのジュリー・カウフマンに掴みかかった。

掴みかかったって事になってるけど、動画見たら明らかに暴力だったw

ビョークによるとレポーターが息子に対し「こんなお母さんでどう思う?」と尋ねたことがきっかけだったそう。

後にビョークが「大人気なかった」と謝罪している。

・・・にもかかわらず数年後に同様な事件を起こすビョークさんなのだった。

フランスの空港でカメラマンに暴行

2007年8月27日、フランスのパリ、ガール・デュ・ノール空港(Gare du Nord) で執拗につけ回すパパラッチのカメラマンを殴った。

スポンサーリンク

ニュージーランド・ヘラルド紙のカメラマンに暴行

ビョークは、2008年1月13日、ニュージーランドでのコンサートのためオークランド国際空港(Auckland)に到着した。

その際に、付き添いのスタッフがカメラ撮影しないように求めたが、ヘラルド紙のカメラマン、グレン・ジェフリーは無視して何枚かの写真を撮った。

カメラマンが歩き去ろうとしたところに、ビョークは後ろから近付いて着ていたシャツを破き、その勢いで床に転んだらしい。

被害にあったカメラマンのグレン・ジェフリーは、この件を警察に報告しているが、報道カメラマンとして働いている立場なので容認できるものとし、彼も新聞社側もビョークに対して告発するつもりはないとの事。

ビョークのアルバムを無料で聴き放題

ビョークの楽曲はAmazonのプライムミュージックではシングルばかりでアルバムは対象外となっているが、Amazon Music Unlimitedならビョークのアルバムのほとんどが無料キャンペーン期間中はフルで聴き放題の対象となっている。

アルバム数97枚(マキシシングル・サントラ含む)

これだけのアルバム数をCDで買い集めると結構な金額が掛かるし、レンタルで借りるのもかなり探す手間が掛かるからざっくりビョークのアルバムすべてを聴いてみたい人にはおすすめ。

無料キャンペーン期間内いつでも解約OK。タダですべての曲、すべての機能が使える。

通常、30日間(キャンペーン時は90日間)の無料お試し期間があるので、終了期限までに解約してしまえば料金は一茶掛からない。

2021年1月11日まで3か月無料キャンペーン中!

解約もAmazonのマイページで簡単に済ますことができる。

Amazon Music Unlimited会員登録のキャンセル

※無料体験終了後は月額980円。(プライム会員は780円)

無料で聴けるアルバムの一部

  • デビュー(Debut)
  • ポスト(Post)
  • ホモジェニック(Homogenic)
  • ヴェスパタイン(Vespertine)
  • メダラ(Medúlla)
  • ヴォルタ(Volta)
  • バイオフィリア'(Biophilia)
  • ヴァルニキュラ:ライヴ
  • ヴァルニキュラ(Vulnicura)
  • ユートピア(Utopia)
  • ダンサー・イン・ザ・ダーク サウンドトラック

スポンサーリンク

Bjork

Posted by nasumayo