似ている曲-佐野元春/SOMEDAY(サムデイ)&ブルース・スプリングスティーン/ハングリー・ハート

2021年1月12日

スポンサーリンク

もうずーと前からパクリと言われているのが、佐野元春の『SOMEDAY(サムデイ)』とブルース・スプリングスティーンの『ハングリー・ハート(Hungry Heart)』だ。

いまさら感があってこれまで取り上げなかったけど、今日たまたま有線で『ハングリー・ハート』が流れていて「おおやっぱり似ているなぁ」と感じたので取り上げてみた。

パクリ度★★★

SOMEDAY
1981年

 

SOMEDAY

ハングリー・ハート
1980年

 

Hungry Heart

スポンサーリンク

目次

似ているのはあまりに印象的なリフだけ

『SOMEDAY(サムデイ)』の例のピアノのイントロが流れた時点でこれは言い逃れの出来ない『ハングリー・ハート(Hungry Heart)』のパクリなのだが、メロディは変えてあるので断じて盗作ではない。
インスパイアの部類。

スプリングスティーンの曲ってイントロがそのままリフになって最後まで通してしまうシンプルな曲が多いので、『ハングリー・ハート』もやっぱりあのイントロのアレンジの印象が強い。

だからって佐野元春が丸パクリしているみたいに言う人がいるが、パクっているのはこのリフのアレンジだけでメロディは全くの別物。

ただ、良くこんな思いっきり有名曲の一番印象的なアレンジをパクろうと思ったよなーとも思う。

しかも楽曲の発表が元ネタの翌年と時期もドンピシャ。

やっぱり佐野元春って天然なんだろうな。

多分、曲作った時にはパクってたって気付いてなくて影響された音楽がモロに楽曲に出ちゃうタイプの。

スタイル・カウンシルの1984年発表アルバムの『カフェ・ブリュ(Cafe Bleu)』に影響されて1986年に『Café Bohemia』(カフェ・ボヘミア)ってアルバムを発表したりと、影響がすぐに作風に出るから実に分かりやすい。

【おすすめ関連記事】

似ている曲一覧

SOMEDAY(サムデイ)とハングリー・ハートを聴き比べる

佐野元春 サムディ

Bruce Springsteen – Hungry Heart

佐野元春&ブルース・スプリングスティーンのアルバムを無料で聴く方法

佐野元春

佐野元春のアルバムをまとめて聴くなら登録から最低でも30日間は無料で利用が可能な聴き放題(サブスクリプション)がおすすめ。

まずCDやダウンロードでいきなり買うよりも聴きたいアルバムをまとめて試聴できるので安心。
そしてレンタルに比べて探したり返却の手間が掛からずに聴ける期間が長い。

無料期間内に気に入ったアルバムを見つけて解約後に個別でCDやダウンロード購入するのもアリ。

さて聴き放題サービスのツートップがAmazon MusicとApple Musicだが、サービス内容、価格ともにほとんど差がない。

Apple MusicAmazon Music Unlimited
無料期間90日(終了後980円)30日(終了後980円)
曲数約6,500万曲約7,000万曲
音質256Kbps256Kbps

どちらも家族で利用する場合、月額1480円で最大6アカウントまでのファミリープランもあるので2人以上の利用でお得になる。

無料キャンペーン期間内いつでも解約はOKなので、期限内に解約しても料金は一切かからない。

Amazon Musicならすでに聴いているという人も多いと思うけど、プライム会員特典で聴けるのは200万曲、Amazon Music Unlimitedにアップグレードすると一気に7,000万曲に増える。

アルバム数 45枚(マキシシングル・サントラ含む※2021年現在)

amazonプライムの佐野元春の楽曲

同じくブルース・スプリングスティーンの『ハングリー・ハート』を収録したアルバムとほぼすべてのアルバムを無料で聴く事ができる。

amazonプライムのブルース・スプリングスティーンの楽曲

すでにAmazonプライムの会員の場合、月額料金が780円と割安になるのでおすすめ。

解約もAmazonのマイページで簡単に済ますことができる。

※無料体験終了後は月額980円。(プライム会員は780円)

Amazon Music Unlimited解約方法

Apple Musicは、やはり相性の良いiphoneユーザーにおすすめで無料期間が3か月と長いのも魅力。

月額480円の学生プランがあるので学生ならこちらのほうがお得になる。

Apple Music佐野元春
Listen on Apple Music

※無料体験終了後は月額980円。

Apple Music解約方法

スポンサーリンク