似ている曲-本田美奈子/Oneway Generation&プリテンダーズ/Don’t Get Me Wrong

2020年11月4日

スポンサーリンク

80年代のアイドル、本田美奈子のシングルは結構良い曲が多い。
代表曲は『1986年のマリリン』と『Oneway Generation(ワンウェイ・ジェネレーション)』。

この『Oneway Generation(ワンウェイ・ジェネレーション)』は、テレビドラマ『パパはニュースキャスター』のテーマソングになり当時かなりヒットした。

そしてその曲の元ネタはプレテンダーズの『ドント・ゲット・ミー・ロング(Don’t Get Me Wrong)』。

こちらもフジテレビ系列の情報番組、『とくダネ』のオープンニングテーマだったからご存知の方も多いだろう。

パクリ度★★★

Oneway Generation
(1987年)
Oneway Generation
ドント・ゲット・ミー・ロング
(1986年)
Don't get me wrong (The Pretenders)

スポンサーリンク

アレンジからPVまでの大まかなパクリ

さて『Oneway Generation』は、明らかにプリテンダーズの『Don’t Get Me Wrong』を下地にしている似ている曲だと思うけど、シンセをおおげさにかぶせたり、大サビを作ったりしていかにも歌謡曲(この頃はJ-POPって呼び方はなかった)なアレンジにして広げかたがすごくうまいと思った。

リリース時期は、『Oneway Generation(ワンウェイ・ジェネレーション)』が1987年で、『ドント・ゲット・ミー・ロング(Don’t Get Me Wrong)』が1986年 とちょうど元ネタの1年後に発表するよくあるパターンだった。

PVを観てみるとステッキを持っているのもパクっているのが分かる。
曲パクるのはよくあるけど小道具までパクるのってどうなのよ?

プリテンダーズの『Don’t Get Me Wrong』の方は疾走感のあるギター主体のロックぽい名曲、これを下地にして日本人好みにわかりやすいメロディを乗せて新しい曲として生まれ変わらして別の名曲にしちゃうんだから作曲した筒美京平の職人芸だよなぁ。

それにしても本田美奈子って今見てもかわいいし歌うまいしとても魅力的なアイドルだったな。
美奈子 with ザ・ワイルドキャッツはちょっとアレだったけど・・・

【おすすめ関連レビュー記事】
似ている曲一覧へ

Oneway Generation&Don’t Get Me Wrongを聴き比べる

本田美奈子 ゴールデン☆ベスト

Pretenders – Don’t Get Me Wrong

スポンサーリンク