似ている曲-ドリームズ・カム・トゥルー/決戦は金曜日&シェリル・リン/ガット・トゥ・ビー・リアル

2021年1月28日

ドリカムの『決戦は金曜日』のイントロからモロに『ガット・トゥ・ビー・リアル』!(got to be real)」が元ネタだと分かってしまうのは思わず似てしまったのではなく狙って作ってるとしか思えない。

アレンジが似ているにはちゃんとした理由があったのだった。

パクリ度★★★★

決戦は金曜日
決戦は金曜日 (Version of “THE DYNAMITES”)
ガット・トゥ・ビー・リアル
ザ・ベスト・オブ・シェリル・リン(期間生産限定盤)

スポンサーリンク

目次

イントロのインパクトが強すぎるが

『決戦は金曜日』のオリジナル音源を聴くと『ガット・トゥ・ビー・リアル』(got to be real)』の印象的なリズムにかなり似ているように思える。

特に間奏のヴォーカルのフェイクなんかほとんどガット・トゥ・ビー・リアル(got to be real)のモノマネの域に入っているし。

しかし、『ガット・トゥ・ビー・リアル』(got to be real)』が最後まで同じメロディーで通してしまうのに対して『決戦は金曜日』にはBメロとサビがあるのがいかにもJ-POPな構成。

メロディーはドリカム独自のものだしアレンジはパクってるけどサンプリングみたいなもんなんでこれは盗作とは言えないと思う。

例えばシュープリームスの 『恋はあせらず』のリズムパターンが世界中でパクられてるのを同じようにドリカムは『ガット・トゥ・ビー・リアル』(got to be real)』のリズムパターンのテンプレを使って曲作りをしたって印象を受けた。

どっちも有名な曲だし、パクリネタとしても有名な例。
ドリカムは探せばまだまだソウル系から出てきそうですな。

ドリカムは確信犯だった!

コメントで教えてもらった情報により、どうやら『決戦は金曜日』は意図的に『ガット・トゥ・ビー・リアル(got to be real)』から引用していた事が判明した。
最初からパクリありきだったのだ。やっぱり!そりゃ似ている訳だ。

『ガット・トゥ・ビー・リアル 』のアレンジをパクってどっちが良い曲を創れるかSingLikeTalkingと勝負していたらしい。
詳しくは下記の記事を参照の事。

【おすすめ関連レビュー】
似ている曲-ドリカム/LOVE LOVE LOVE &キャプテン&テニール/サンキュー・ベイビー

決戦は金曜日&ガット・トゥ・ビー・リアル聴き比べる

ドリカムとシェリル・リンのアルバム無料試聴

ドリカムは80年代から活動しているのでキャリアが長く、発表されたアルバムはとても多い。

これだけのアルバム数をCDで買い集めると結構な金額が掛かるし、レンタルで借りるのもかなり探す手間が掛かってしまう。

Amazon Music Unlimitedの登録から30日間(キャンペーン時は90日間)の無料お試し期間なら、ほぼすべてのアルバムが無料で聴き放題になる。

Amazon Music Unlimitedドリカム

シェリル・リンのアルバムもベストアルバムを含めて代表的なアルバムは聴き放題の対象になっている。

無料キャンペーン期間内ならいつでも解約はOKなので聴き終わったら解約してしまえば料金は一切かからない。

期間中は、専用アプリでスマホでもパソコンでも好きなデバイスで聴けるのでダウンロード購入したのと感覚的には近い。

※無料体験終了後は月額980円。(プライム会員は780円)

▽解約方法はこちら。

Amazon Music Unlimited会員登録のキャンセル

スポンサーリンク

似ている曲

Posted by nasumayo