フリーソウル・ラヴァーズ

2019年9月10日

スポンサーリンク

コンピレーション・アルバムでありながら一時はプレミア価格が付くほど人気だったフリーソウルベストシリーズの中の一枚。
でも何でタイトルがフリーソウル・ラヴァーズなのかはいまだに良くわからない?

1. ラヴリー・デイイフ・ユー・ワー・ゼア
2. イフ・ユー・ワー・ゼア
3. サムデイ・ウィル・ゲット・バイ
4. サンセット・バーガンディー
5. アイム・ジャスト・ア・キッス・アウェイ
6. ヒップ・トゥ・ユアーズ・ウェイズ
7. トゥ・メイク・ユー・ステイ
8. エル・ボボ
9. フリー
10. イフ・イッツ・ラヴ・ザット・ユーアー・ルッキング・フォー
11. ハウ・キャン・アイ・ビー・シュア
12. キャロライン・グッバイ
13. ステップ・アウト
14. アイ・ニード・ユー・ナウ
15. メイデン・ヴォヤージ
16. スプレンダーランド
17. フィーリン・ブルー

まず収録された曲たちは見事な選曲で聴いていて流れに違和感はないけどこれはソウルなの?って曲も結構含まれている。
全体を通してソウルっぽい「雰囲気」を楽しむアルバムって言ったらわかりやすいかも知れない。

大体フリーソウルって言葉自体はあいまいでボンヤリしているのでまあオシャレでカッコよければ雰囲気OK!みたいな感じ。

すんごくわかりやすく言うと90年代にやたらと流行った渋谷系ってヤツ。
こっちの方が断然わかりやすくてイメージしやすいんだけどタイトルが渋谷系ラヴァーズだとなんだかちょっとなーって感じだからフリーソウルってタイトルにしたのかなーと思ったりも。

かなりバラエティに富んでいて全19曲なのでしょっちゅう聴いていても飽きがこない。
でも収録曲で気に入ったのがあって個別にアルバム買ってみたら案外良くなかったりもする事があるので結構むずかしかしいんだこれが!

スポンサーリンク

フリーソウル・ラヴァーズ収録曲の動画

デニース・ウィリアムス/フリー

フリーソウルシリーズCD

スポンサーリンク