鈴木祥子/RADIOGENIC

2020年2月27日

スポンサーリンク

アイドルフォーク路線から開き直ったアメリカン・ロック路線に変更したのが功を奏した鈴木祥子のキャリアの中で最も売れたアルバム。

小泉今日子に提供してヒットした『優しい雨』、代表曲『ラジオのように』コリー・ハートと共演した『オリジナル・エイム』を収録。

1. ラジオのように
2. 幸福の樹
3. チャイム
4. ときめきは涙に負けない
5. 空の休暇
6. グッバイ,マイ・フレンド
7. オリジナル・エイム
8. 両手いっぱい
9. マイ・ラヴ,マイ・ラヴ
10. 優しい雨

アルバムタイトルが『RADIOGENIC』でオープニング曲が『ラジオのように』。
これ以外にも鈴木祥子の曲にはやたらと歌詞に『ラジオ』が出てくる。

きっとこの曲にも製作時の思い入れがありそうだ。

実際に『ラジオのように』は鈴木祥子の代表曲のひとつとなっている。

どんないきさつで共演する事になったか知らないが、コーリー・ハート参加の『オリジナル・エイム』は出来は悪くないが、アルバムからはだいぶ浮いてしまっている。

『グッバイ,マイ・フレンド』とかを聴いていると本当にこの人の作曲能力はスゴイと思えるのだけどいかんせん地味なんだよね。

アルバム全体としてかなりスッキリとしたアレンジで鈴木祥子のアルバムの中でもかなり聴きやすく歌詞も無難な癖のない『売れ線』を狙ったような感触はマニアックなファンと一般的なポップスを好むファンと意見が分かれるところだろう。

小泉今日子に提供した『優しい雨』に関しては、やっぱり歌唱力、表現力がオリジナルに比べて段違いであり、鈴木祥子バージョンは曲の深みを感じる。

でも作詞はキョンキョン何だから侮れない。

一番売れた曲が他人に提供した『優しい雨』ってのは何だか寂しいし、この人ほど才能と人気が比例しない人も珍しい。

色いろな意味で日本の音楽界の問題点を感じずにはいられない。

スポンサーリンク

RADIOGENIC収録の動画


優しい雨

1. ラジオのように 2. 幸福の樹 3. チャイム 4. ときめきは涙に負けない 5. 空の休暇 6. グッバイ,マイ・フレンド 7. オリジナル・エイム 8. 両手いっぱい 9. マイ・ラヴ,マイ・ラヴ 10. 優しい雨
[1. Rajio no yō ni 2. Kōfuku no ki 3. Chaimu 4. Tokimeki wa namida ni makenai 5. Sora no kyūka 6. Gubbai, Mai furendo 7. Orijinaru eimu 8. Ryōte-ippai 9. Mai ravu, Mai ravu 10. Yasashī ame]
 
1. As of radio
2. happiness of the tree
3. chime
4. crush not lose in tears
5. empty vacation
6. Goodbye, My Friend
7. Original Aim
8. both hands full
9. My Love, My Love
10. gentle rain

スポンサーリンク

J-POP

Posted by nasumayo