ビー・バップ・デラックス/美しき生贄 (Be Bop Deluxe/Axe Victim)

2020年3月14日

スポンサーリンク

グラムロックブームの終焉と共にデビューし、ニューウェーブブームの始まりに解散したあまりにタイミングが不運なビル・ネルソン率いるビー・バップ・デラックスのデビュー盤、邦題は『美しき生贄

1. 美しき生贄
2. 愛は矢の如く
3. ジェット・シルヴァー
4. あるマドンナの肖像
5. 夜にうごめく
6. 空間の聖地
7. ヨークシャーの風景
8. 朝やけ
9. 絶望は死の匂い
10. 闇よ、おまえは背徳者
11. ピース・オブ・マイン(ライヴ) (ボーナス・トラック)
12. ミル・ストリート・ジャンクション(ライヴ) (ボーナス・トラック)
13. ヨークシャーの風景(ライヴ) (ボーナス・トラック)

ちょっとビル・ネルソンがギター弾きまくり過ぎな感じもするけど、とってもカッコイイ!ビー・バップ・デラックスのデビュー作がこのアルバム。

ビー・バップ・デラックスを初めて聴いたのはバイト先のショップでたまたま中古で見つけたからで、特に予備知識があった訳ではなかった。
そしていまだにビー・バップ・デラックスについて詳しい事は良く知らない。

一言で言うとビー・バップ・デラックスの音楽性はデヴィッド・ボウイとロキシー・ミュージックとコックニー・レベルのエエトコドリをしたようなスペイシーかつグラムテイストなロックンロールなサウンドと言ったところ。

ただこれらのバンドよりビー・バップ・デラックスはもっとB級って言うかわかりやすい俗っぽい感じがする。

聴いているとこの曲はボウイの曲っぽいなとか、この曲はロキシーの●●って曲っぽいとか影響された音楽が思い浮かぶ。
ビル・ネルソンさん

「あんたグラムロック好きなんだねぇ」と言いたくなるのだ。

ビー・バップ・デラックスは日本盤のCDは発売されていないのに日本での人気は結構あるのも納得の粒ぞろいのグラムナンバー達。
2008年にはCDの日本盤が紙ジャケで発売されたりと日本でもグラムマニアには結構人気があるバンド。

この俗っぽいところが良いんだよね。

リリース
1974年
iTunes試聴&ダウンロード
Axe Victim – ビー・バップ・デラックス

スポンサーリンク

美しき生贄収録曲の動画

 
ビー・バップ・デラックス関連CD/DVD

No Trains To Heaven

スポンサーリンク