シックスペンス・ノン・ザ・リッチャー/ディヴァイン・ディスコンテント(Sixpence None The Richer/Divine Discontent)

2020年3月13日

スポンサーリンク

シックスペンス・ノン・ザ・リッチャーの実質的なラストアルバム。
『キス・ミー』に匹敵する曲は無いが、ミディアムテンポ中心の相変わらず手堅い仕上がり。

『タレコミ』『今夜も千両箱』エンディング・テーマ『プリーズ・ユア・ネーム』ヤングスーパーマンエンディング曲、『ドント・ドリーム・イッツ・オーヴァー 』を収録。

日本盤のみボーナストラック『ノーザン・ライツ』を収録。

[amazon_link asins=’B00006S29K’ template=’new4′ store=’aaaa0ae-22′ marketplace=’JP’ link_id=’31a6bf06-142f-41ba-8c24-22c062d06fae’]

1. ブリ-ズ・ユア・ネーム
2. トゥナイト
3. ダウン・アンド・アウト・オブ・タイム
4. ドント・ドリーム・イッツ・オーヴァー
5. ウェイティング・オン・ザ・サン
6. スティル・バーニング
7. メロディ・オブ・ユー
8. パラライズド
9. アイヴ・ビーン・ウェイティング
10. アイズ・ワイド・オープン
11. ディジー
12. テンション・イズ・ア・パッシング・ノート
13. ア・ミリオン・パラシューツ
14. ノーザン・ライツ

シックスペンス・ノン・ザ・リッチャーは、デビューから一貫してハズレ曲もハズレアルバムもなかったので安心して聴ける良質のポップバンドだった。

最初から成熟した音楽性を持ったバンドだったから、特に音楽的に大きな変化は感じられないが、ストレートな曲はやや減ってより洗練された落ち着いた楽曲が多く収められている。

その中でもインパクトがあるのがやはり『ブリ-ズ・ユア・ネーム』。
切なくてポップで後を引くこの曲は、『キス・ミー』の次にくる代表曲。

クラウデッド・ハウスのカバー、『ドント・ドリーム・イッツ・オーヴァー』は、オリジナルにそんな手を加えたアレンジじゃないのにオリジナル以上に曲の魅力を全開にしている。

『パラライズド』だけが、ニルヴァーナミーツ、シックスペンスみたいなオルタナテイストの曲。
それでもギターの歪みもシャウトも最小限。

ストリングスアレンジが効いているワルツの『ディジー』や日本盤以外ではラスト曲になっているアコースティックな美しい響きの『ア・ミリオン・パラシューツ』など地味目ながら聴き所は多い。

ボーナストラックの『ノーザン・ライツ』も普通にアルバムの中に入っていても良い曲。
『キス・ミー』しか知らない人にもぜひ聴いて欲しい一枚。


Itunes試聴&ダウンロード
Divine Discontent – シックスペンス・ノン・ザ・リッチャー

【おすすめ関連アルバム】
Sixpence None The Richer シックス・ペンス・ノン・ザ・リッチャー/キス・ミー
Sixpence None the Richerベスト・オブ・シックス・ペンス・ノン・ザ・リッチャー

スポンサーリンク

ディヴァイン・ディスコンテント収録曲の動画

シックスペンス・ノン・ザ・リッチャー関連CD/DVD/MP3ダウンロード
Breathe Your Name

Don`t dream it`s over

A Million Parachutes

スポンサーリンク