ウィルコ・ジョンソン/ライヴ(Wilko Johnson/Don’t let your Daddy know)

2021年10月30日

ウィルコ・ジョンソン/ライヴ

元ドクター・フィールグッドの初代ギタリスト、ウィルコ・ジョンソンのイギリスで行われた2つのライブ音源を編集したライヴアルバム
原盤のタイトルは『Don’t let your Daddy know』でリリースされた日本盤。

スポンサーリンク

80年代後半の貴重なライブ音源

いや本当にマイナーなアルバムばっか取り上げてるなーと思ってたけど今回のウィルコ・ジョンソンのライヴ盤に関しては書いた時点ではamazonのカタログのジャケット写真どころか曲リストもなし!って状況だった。
あらためてウィルコ・ジョンソンのマイナーさに気付いたのだった。

時期の詳細は分からないが、90年発売なのでおそらく80年代後半辺り、場所はイギリス国内の2箇所のライブ音源を合わせて編集した内容で1~4曲目がケニングトンにあるザ・クリケッターズ、5曲目以降がブットニーにあるハーフ・ムーンでそれぞれ行われたライブを収録している。

バンドメンバー

  • ウィルコ・ジョンソン(Vo.Gt)
  • ノーマン・ワット・ロイ(Ba)
  • サルバトーレ・ラムンド(Dr)

まあこんなマイナーなアーティストの小さなライブアルバムをわざわざ日本盤で解説付きで発売していた洋楽ファンには良い時代があったつー事ですな。

演奏自体はまあ普通のウィルコ・ジョンソンの感じだと思うんだけどこれがまたいいんだな。

1曲目の『エヴリバディーズ・キャリング・ア・ガン』が始まりリズム隊のハネたビートとウィルコ・ジョンソンの例のカッティングが始まると「うん!これこれ!」って感じでライブがスタートする。

リズムカルにザクザク弾くけど指弾きだから音色が柔らかい、こんなギターが弾けるのは世界中でウィルコ・ジョンソンだけだもの。

ギターの音色がスタジオ盤よりもコンプレッサーかけすぎでちょっとパキパキしすぎるのが気になるけど、ウィルコ・ジョンソンの本領を発揮するのはやっぱりスタジオ盤よりもライブなんだなと実感。

ウィルコ・ジョンソン自身がリラックスして地元のパブで演奏している情景が浮かんでくるような名盤。

created by Rinker
¥1,892 (2021/11/29 08:16:31時点 Amazon調べ-詳細)

ウィルコ・ジョンソン/ライヴ収録曲の動画

ウィルコ・ジョンソン関連CD

Don’t let your Daddy know

スポンサーリンク