ルー・リード/無限大の幻覚 メタル・マシーン・ミュージック(Lou Reed/Metal Machine Music)

2019年8月23日

スポンサーリンク

75年発表のルー・リード最大の問題作。
アルバム収録曲のすべてがメロディなし歌なしのギターノイズのみ。
なのになんでこんなにも心地良いんだ!?

1. メタル・マシーン・ミュージックA-1
2. メタル・マシーン・ミュージックA-2
3. メタル・マシーン・ミュージックA-3
4. メタル・マシーン・ミュージックA-4

聴く人が判断してくださいとか聴き手を選ぶとか言われるアーティストやアルバムがあるけど、このルー・リードの『無限大の幻覚メタル・マシーン・ミュージック』はその究極とも言えるアルバム。

なんせ最初から最後までずっとノイズしか収録されていない。
しかも楽器パートはギターのみ!

音楽の3大要素のリズム、メロディー、ハーモニー、その全てが見当たらない!

そして何が一番スゴイかって言うと当時これをLP2枚組で発表した事。
ノイズしか収録されてないのに2枚組って意味不明なんだけど、なんかスゲエって思っちゃう。

ブライアン・イーノがロバート・フリップと組んだり一番ぶっ飛んでいた頃の作風に近い。

夜中にテレビのザーって砂嵐を見ているような感覚が最初から最後まで続くのみ。
不思議と不快感はなくすんなり入っていく。

やさしく美しいノイズ。

そして聴き終えた頃にはなぜか心が癒されているようなヒーリングミュージック的効果を感じる。

このアルバムがなかったらソニック・ユースのようなバンドも生まれなかったかも知れない。

しかし、こんなアルバムが日本語解説付きで発表されることはもう2度とないだろう。


iTunes試聴&ダウンロード
Metal Machine Music
ルー・リード

【おすすめ関連レビュー】
Velvet Undergroundヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ
Velvet Undergroundヴェルヴェットアンダーグラウンド/ホワイトライト・ホワイトヒート

スポンサーリンク

ルー・リード/無限大の幻覚収録曲の動画


Lou Reed – Metal Machine Music
ルー・リード関連CD/DVD

スポンサーリンク