イギー・ポップ/ラスト・フォー・ライフ(Iggy Pop/Lust for Life)

2021年7月1日

イギー・ポップのソロとしては2枚目のアルバム。デヴィッド・ボウイがプロデュースと作曲を担当。

タイトル曲の『ラスト・フォー・ライフ(Lust for Life)』は映画、トレインスポッティングのオープニングテーマにもなっている代表曲。

  1. ラスト・フォー・ライフ
  2. シックスティーン
  3. サム・ウィアード・シン
  4. ザ・パッセンジャー
  5. トゥナイト
  6. サクセス
  7. ターン・ブルー
  8. ネイバーフッド・スレット
  9. フォール・イン・ラヴ・ウィズ・ミー

スポンサーリンク

イギーのキャリアを代表するアルバム

ドラッグから中毒からの復帰作に手助けしたのはやっぱりイギー・ポップの才能を誰よりも高く評価するデヴィッド・ボウイだった。

兄弟アルバムの『イデオット』はボウイのベルリン2作と同様に暗く陰鬱なムードがあるが、ラスト・フォー・ライフには突き抜けた明るさと開放感がある。

同時期に製作されたヒーローズとは従兄弟のようなアルバムで、そういやどっちもジャケット写真はモノクロのアップだったりする。

ここでのイギー・ポップはいい意味で見事なまでにデヴィッド・ボウイに操られている。

『サクセス』なんかはどう聴いてもボウイの曲で少しアルバムの中では浮いているが、ノリの良いタイトル曲『ラスト・フォー・ライフ』、『サム・ウィアード・シン』等シンプルで聴きやすいナンバーが中心。

『ザ・パッセンジャー』はソフトバンクのCMソングにもなった曲で、ガーディナー作の延々と同じコード進行が続くミニマル・ミュージック的な曲が呪術的な魅力がある。

『ターン・ブルー』はそれまでのイギー・ポップからは考えられないソウルフルなバラード、これがまたえらくカッコいい!
この曲によってアルバムの厚みが非常に増しているように思う。

『トゥナイト』は、後にボウイのアルバムトゥナイトに収録される気の抜けたレゲエバージョンよりも遥かにパワフルでロマンティックでアレンジもヴォーカルも確実に上だ。

非常にバラエティに富んでいてイギー・ポップの豪快で明け透けな魅力が詰まったいて最後まで聴いてもラスト・フォー・ライフには捨て曲がまったくないどころかすべてが名曲と言えるほどの無駄のないロックンロールアルバム。

ちなみに本作のリズム隊を担当したセイルス兄弟は、ボウイとの共演がきっかけで後にバンド、ティン・マシーンを結成、その後、ボウイと折り合いが悪くなり兄弟揃って切り捨てられるのだった。

created by Rinker
ユニバーサル ミュージック (e)
¥854 (2021/07/27 03:56:23時点 Amazon調べ-詳細)

ラスト・フォー・ライフ収録曲の動画

イギーポップ関連CD/DVD

江頭2 50とイギー・ポップ

以前、YouTubeに『ラスト・フォー・ライフ』のPVをBGMに使った江頭2 50動画があった。
上半身裸に黒タイツにあのキレのある動き、やっぱりエガちゃんはイギーに影響受けてるなぁ。

スポンサーリンク