Bjork

joga

ビョークは、これまで『ヨーガ(joga)』という曲を日本市場ではバージョン違いで発表している。

それらの各バージョンをまとめてみた。

2019年にわざわざリマスター版を発表するくらいだからビョークにとって思い入 ...

パンク・ニューウェーブ

Pop Group/Y

ポップ・グループ(The Pop Group)の79年に発表さファーストアルバム。
ポップ・グループってバンド名の割りに内容はちっともポップじゃなかった。
音楽的な素養も少ない、楽器も満足に演奏できない若者達が結成した ...

パンク・ニューウェーブ

Television/Marquee Moon

トム・ヴァーレイン率いるザ・テレビジョンのデビューアルバム。
スカスカのバックに2本のギターが絡み合う独特のサウンドは、派手さはないが妙な魅力があり、多くのフォロワーが生まれた。

1. シー・ノー・イーヴル

パンク・ニューウェーブ

Thumbnail of post image 006

変わり者が多かったパンク・ニューウェーブ勢の中でも、より一層異彩を放っていたスージー&ザ・バンシーズの記念すべきデビューアルバムにシングル『香港庭園(ホンコンガーデン)』をプラスしたアルバム。

アルバム名の『香港庭 ...

パンク・ニューウェーブ

Squeeze/Cool for cat

スクイーズのまだニューウェーブを引きずっていた頃の2ndアルバム。
グレン・ティルブリックのギターとジュールズ・ホランドのキーボードがバンドの核だった。
その後もライブの定番として演奏される『アップ・ザ・ジャンクション ...

パンク・ニューウェーブ

ザ・ジャム/イン・ザ・シティ

当時10代だったポール・ウェラー率いるザ・ジャムのデビューアルバム。
収録曲が短くストレートでシンプルな演奏はパンクロックというよりもビート・ロック寄り。

芸術学校
住所変更
スロー・ダウン
時 ...

グラムロック

無限大の幻覚 メタル・マシーン・ミュージック

75年発表のルー・リード最大の問題作。
アルバム収録曲のすべてがメロディーなし、歌なしのギターノイズのみ。
なのになんでこんなにも心地良いんだ!?

メタル・マシーン・ミュージックA-1
メタル・マシ ...

グラムロック

Thumbnail of post image 095

1974年に発表されたモット・ザ・フープルの7thアルバムで実質的なラスト・アルバムでもあり、最高傑作。

良い意味でも悪い意味でもボウイ色が強かった前作、すべての若き野郎どもから一変して伸び伸びとしたロックンロールを展開。 ...

80年代 洋楽

バングルズ/シルヴァー・スクリーンの妖精

80年代を代表するガールズグループ、バングルズの86年発表の2ndアルバムであり代表作。
60年代と80年代テイストのミックス加減が心地よい。

代表曲、『マニック・マンデー』(全米2位)、『エジプシャン (Walk ...

David Bowie

グラストンベリー 2000

これまで衛星放送で7曲が公開されていたデヴィッド・ボウイの2000年のグラストンベリーフェスティバル出演時の音源とライブDVDを収録した完全版。
選曲がかなり良くて代表曲の大部分を網羅している。

イントロダクショ ...