パンク・ニューウェーブ

Thumbnail of post image 200

変わり者が多かったパンク・ニューウェーブ勢の中でも、より一層異彩を放っていたスージー&ザ・バンシーズの記念すべきデビューアルバムにシングル『香港庭園(ホンコンガーデン)』をプラスしたアルバム。

アルバム名の『香港庭 ...

パンク・ニューウェーブ

Squeeze/Cool for cat

スクイーズがまだニューウェーブを引きずっていた頃の1979年リリース2ndアルバム。
この時期はグレン・ティルブルックのギターとジュールズ・ホランドのキーボードがバンドの核だった。
その後もライブの定番として演奏される ...

パンク・ニューウェーブ

ザ・ジャム/イン・ザ・シティ

当時10代だったポール・ウェラー率いるザ・ジャムのデビューアルバム。
収録曲が短くストレートでシンプルな演奏はパンクロックというよりもビート・ロック寄り。

芸術学校
住所変更
スロー・ダウン
時 ...

グラムロック

無限大の幻覚 メタル・マシーン・ミュージック

75年発表のルー・リード最大の問題作。
アルバム収録曲のすべてがメロディーなし、歌なしのギターノイズのみ。
なのになんでこんなにも心地良いんだ!?
ギターノイズだけなのに2枚組って!

グラムロック

Thumbnail of post image 126

1974年に発表されたモット・ザ・フープルの7thアルバムで実質的なラスト・アルバムでもあり、最高傑作。

良い意味でも悪い意味でもボウイ色が強かった前作、すべての若き野郎どもから一変して伸び伸びとしたロックンロールを展開。 ...

80年代 洋楽

バングルズ/シルヴァー・スクリーンの妖精

80年代を代表するガールズグループ、バングルズの86年発表の2ndアルバムであり代表作。
60年代と80年代テイストのミックス加減が心地よい。

代表曲、『マニック・マンデー』(全米2位)、『エジプシャン (Walk ...

David Bowie

グラストンベリー 2000

これまで衛星放送で7曲が公開されていたデヴィッド・ボウイの2000年のグラストンベリーフェスティバル出演時の音源とライブDVDを収録した完全版。
選曲がかなり良くて代表曲の大部分を網羅している。

イントロダクショ

David Bowie

Thumbnail of post image 088

50年のキャリアで30枚以上のアルバムを発表したデヴィッド・ボウイ。

本人も語っていたが、シングルヒット曲を連発するタイプではなくアルバムで評価されるアーティストだが、トップ10入りしたヒット曲も多い。

今回は ...

似ている曲

Thumbnail of post image 013

Pizzicato Five( ピチカート・ファイヴ)の『Cleopatra 2001』は、自分のメディアプレイヤーに入っていて何度も聴いていたのに、スイング・アウト・シスター(Swing Out Sister) の 『ユー・オン・マ ...

ライブレビュー

Thumbnail of post image 097

80年代から活動するオシャレ系洋楽の教祖?スウィング・アウト・シスター4年ぶりの来日ツアー。
2018年のツアーでは唯一のホールライブである関内ホールに行ってきた。

近所で観るスウィング・アウト・シス