David Bowie

Tonight

レッツ・ダンスの大ヒットから間を置かずに発表されたアルバム『トゥナイト』。

収録曲の大半がカバー曲を占める内容に当時の多くのファンは失望し、これでボウイは終わった・・と感じたらしい?

ラヴィング・ジ・エイリア

David Bowie

Thumbnail of post image 137

デヴィッド・ボウイのキャリア中で最も売れたアルバムであり、3曲のシングルヒットを含むダンスアルバム。(1983年ビルボード年間チャート18位)

スケアリーモンスターズから3年の沈黙を破り発表されたレッツ・ダンスは当時の最先 ...

David Bowie

Thumbnail of post image 189

スケアリー・モンスターズのレコーディングにはベルリン時代のパートナー、ブライアン・イーノは不参加でスタジオもベルリンから離れ新しいスタートを切った。

ここで何かの「終わり」を感じさせるアルバムであり、RCAとの契約も切れて ...

David Bowie

ヒーローズ

ベルリンでのブライアン・イーノとの共作2作目のアルバム。

軽さがあった前作『ロウ』よりもさらに暗く陰鬱で重厚なサウンドイメージに。
ブライアン・イーノはプロデュースでクレジット表記されていないが、クラフトワークの影 ...

David Bowie

Thumbnail of post image 121

ステイション・トゥ・ステイションと前作ヤング・アメリカンズとの違いはヤング・アメリカンでは黒人になりきろうとしたデヴィッド・ボウイがステイション・トゥ・ステイションでは白人として黒人音楽を取り入れていると言う立ち位置だろう。

David Bowie

Young Americans

前作から垣間見れたソウルミュージックへの憧れから聖地フィラデルフィアでレコーディングされたデヴィッド・ボウイのアルバム、『ヤング・アメリカンズ』は1週間で書き上げた曲を当時の腕利きの黒人ミュージシャンを揃えてレコーディングされた。

David Bowie

Thumbnail of post image 166

変貌を続けた自身の未来を予見したシングル曲『チェンジズ』を収録。
アルバムとしては全英3位を記録して初ヒット。

『火星の生活』『クイーン・ビッチ』等、ツアーの定番曲も収録されているバラエティに富んだ充実のアルバム。 ...

David Bowie

David Bowie/stage

キャリアの割りにライブ盤が少ないデヴィッド・ボウイの通産3枚目の77年にリリースされた2枚組ライブアルバム『ステージ』。
CD盤は、再発によってリマスターされ曲順が本来の演奏順に戻された。

トニー・ヴィスコンティに ...

David Bowie

ダイアモンドの犬

アルバム、『ダイアモンドの犬』は、ジギー・スターダストから続くボウイのグラムロック三部作のラストアルバムとはなっているものの、前2作のアルバムまでとはかなりサウンドの趣が違う作りとなっている。

ミック・ロンソンをはじめとす ...

David Bowie

Thumbnail of post image 034

ジギー・スターダストに続くデヴィッド・ボウイのキャラクターとしてアメリカツアー中に『アラジン・セイン』のアイディアが生まれ、日本ツアー前後にレコーディングされた。

美しく洗練されたジギーに比べてアラジン・セインは、狂気の若 ...