レディー・ガガがグラミー賞授賞式トリビュートコーナーで歌ったデヴィッド・ボウイの曲まとめ

2022年11月9日

レディー・ガガがグラミー賞授賞式トリビュートコーナーで歌ったデヴィッド・ボウイの曲

2016年2月5日に開催された第58回グラミー賞授賞式で、自身の成功はデヴィッド・ボウイのおかげと語るレディー・ガガがトリビュートコーナーでデヴィッド・ボウイのr楽曲を9曲カバーした。

それではそのカバーした9曲を紹介まとめてみよう。

スポンサーリンク

目次

スペイス・オディティ

ボウイ初のヒット曲。
顔にクモがはっているのは、グラムロック時代のバンドがスパイダーズだから。

アルバム『スペイス・オディティ』に収録。

チェンジス

この曲の時にガガが着ている衣装は、ジギー・スターダスト時代に山本寛斎がデザインしたものを元にしている。
書いてある文字は、出火吐暴威(デヴィッド・ボウイ)。

アルバム『ハンキー・ドリー』に収録。

ジギー・スターダスト

この曲冒頭での早着替えはジギー・スターダスト・ツアーの演出そのままを再現している。

アルバム『ジギー・スターダスト』に収録。

サフラジェット・シティ

同じくジギー・スターダスト収録のライブで盛り上がる定番曲。

レベル・レベル

マドンナやスプリングスティーンもカバーした代表曲のひとつ。
こちらもライブでは欠かせない定番曲だった。

アルバム『ダイアモンドの犬』に収録。

ファッション

80年代の幕開けに発表されたディスコ・ソング。
この曲の最後に登場するロープもボウイのツアーでの演出であったもの。

アルバム『スケアリー・モンスターズ』に収録。

フェイム

全米1位に輝いたジョン・レノンとの共作曲。
黒人音楽と白人音楽の橋渡し的な役割を果たした。

アルバム『ヤング・アメリカンズ』に収録。

レッツ・ダンス

この曲のギターリフを考えたプロデューザーでもあるナイル・ロジャースとの共演。
全米1位を記録した代表曲のひとつ。

アルバム『レッツ・ダンス』に収録。

ヒーローズ

ベルリンの壁の崩壊に一役買ったといわれる名曲。
ボウイ本人が最もお気に入りだった。

アルバム『ヒーローズ』に収録。

2016年グラミー賞授賞式トリビュートコーナーの動画

Lady Gaga – Tribute to David Bowie at Grammy 2016

まとめ

このレディー・ガガによるグラミー賞授賞式でのボウイ・トリビュートには、賛否両論あったようだけど、私は『ガガかっこいい!』とも『ふざけんな!』とも思わなかった。この人、本当にボウイが好きなんだなと感じて微笑ましかった。

ただちょっと好きなアニメキャラのコスプレしている人みたいって言うか、学園祭のコピーバンドを見ているような恥ずかしさと本人は意図しないであろう面白さはあったけど十分に楽しめた。

デヴィッド・ボウイCDアルバムレビュー一覧

スポンサーリンク

David Bowie

Posted by nasumayo